PENGUIN RESEARCHのメンバーが初めて行ったライブは?

スペシャル | 2017.09.29 12:00

PENGUIN RESEARCHのメンバーが初めて行ったライブは?

イケコ
編集部:みなさんの初めて行ったライブを教えてください!

 

「Janne Da Arc」

生田鷹司
初めて行ったライブは確か高1だったと思うんですが。僕はすごいコミュ障だったですよ。知らない人としゃべれなくて、人の目を見て話すのがすっごい苦手だったんで外に出ていくことを一切していなかった。そんな僕が、Janne Da Arcのライブに行ったんです。当時僕はギターを弾き始めた頃で、音楽雑誌をいっぱい買ってたんですけど。『GIGS』という雑誌の後ろに“友達になりませんか”みたいなコーナーがあって。そこを見るのが楽しかったんですよ。高知県の人なんているのかなって見てたら、“高知県なんですけどお隣の香川県でやるJanne Da Arcのライブのチケットが1枚余っています。一緒に行きませんか?”というのがあって。Janne Da ArcはDVDを観まくるぐらい大好きだったからどうしても行きたいと思って、コミュ障の僕が勇気を振り絞って連絡した訳ですよ。そうしたら、相手が年上の女性で。

          4人:おぉー(微笑)。

生田鷹司
しかも、ライブにはその人の友達の女性も来てて。相手が女性だったから“キャッ!”となってしまって、こっちはさらにしゃべれない、顔も上げられない。俯いて“そうっすね”っていうぐらいしかできなくて。それで、席につきました。目の前にはたっくさん人がいるのに、僕は隣のその年上の女性たちのことばかりが気になって、ライブの音なんか全然耳に入ってこなかったんですよ。その日のライブで唯一僕の記憶に残ってるのが、Janne Da Arcのライブって女性が脱ぐんですけど。下に水着をつけてるんですけどね。終盤になってそのコーナーがやってきて。みんなが上着を脱いだ瞬間「うわっ、すげー!!」って前を見た。ライブはその瞬間の記憶しかない。次に気づいたときにはもう家にいました(笑)。僕の初のライブはそんなほろ苦い思い出しかないです。

「EAGLES」

堀江晶太
EAGLSEの”Farewell I Tour(第一回さよならツアー)“のナゴヤドーム公演が初めてのライブですね。小学校のときに父親に連れられて行きました。「Desperado」という曲があったんですけど。子供ながらに「なんだこれは!」と思って。英語ももちろん分からないし、どういうアーティストかも分からないんですけど、「Desperado」をライブで聴いたときに「こんないい曲があるんだ」と思って。なんでこんなにいい曲なのかを知りたくて、ウチに帰ったらすぐにピアノに向かったのは憶えてます。憶えてたメロディーと英語の響きをメモって、ピアノを弾きながら「この響きとこのメロディーが上がるところが重なるといいんだ」とか、曲の仕組みを夢中で調べました。

「モーニング娘。」

神田ジョン
中3か高1のときなんですけど、名古屋の当時はレインボーホールでモーニング娘。を観ました。遠くから観ても、カワイイことだけは分かりました。動いてるだけでカワイイし、生きてるだけで幸せですから。当時モー娘。のことがそれぐらい大好きでした。いま思い返すと、完全なる“ドルヲタ”ですね(笑)。いまはドルヲタもオープンなイメージですけど、当時はアイドルが好きだと迫害される時代だったんですよね。だけど僕はモー娘。がとにかく好きで。基本的にはテレビの人だから、モー娘。が出演してる歌番組とかバラエティーは全部VHSのビデオに録画する。それぐらい生粋のオタクでした。それで、もうついに会いたくなっちゃって。気軽に会いに行けるアイドルとかじゃなかったんですけど。当時のモー娘。は“神”だったから。でも、気合い入れて電話したら奇跡的にチケットが取れて。会いに行ったのが初ライブです。僕は、加護(亜依)ちゃんとかにも浮気しつつもゴマキ(後藤真希)のファンでした。ゴマキはオーディションから目をつけてました。ゴマキ加入前はなっち(安倍なつみ)。オーディション番組『ASAYAN』で平家みちよがデビューして、そこで落ちた子がモー娘。を結成した頃から観てますから(笑)。いまでも実家の部屋はゴマキのポスターとSUGIZOが並んで貼ってあります。この2人が俺のヒーローとヒロインです。

「SIAM SHADE」

新保恵大
僕は初めてライブを観たのが19歳と結構遅かったんです。そのとき、SIAM SHADEの最初の復活ライブを日本武道館で観たんです。僕、高校時代にすごくSIAM SHADEが好きだったんですが、存在を知った頃にはもう彼らは解散してたんですよ。だからSIAM SHADEのDVDを買って、一番最後の武道館の解散ライブを本当に何回も観てました。受験のときもこれを観て、テレビの前で頭振ってから受験に行ったんですよ(笑)。そんなSIAM SHADEが復活するってことになったんで「これは絶対に行かないと」と思って当時バンド組んでた仲間と行ったんです。ライブでは「あのDVDでずっと観てた人たちが、解散したのにまた集まって、目の前でいま演奏してる」というだけでずっと泣いてました。泣きながら頭振ってました(笑)。そのものすごい憧れの人、淳士さん(Dr)がいまやってるBULL ZEICHEN 88と対バンしたんです!!じつは僕、そのブルハチさんの演奏動画を動画サイトにあげてまして。それがきっかけで神田さんと知り合って、晶太くんとも繋がっていったんですよ。

「本田雅人」

柴﨑洋輔
僕が初めて行ったのは、元T-SQUAREのサックス奏者の本田雅人さんのライブです。高校2年のときに行きました。フュージョンバンドをやってた頃ですね。僕は小6から本田さんのファンで。そのときのライブは、当時のバンドメンバーのギターの方。5歳ぐらい年上の先輩だったんですけど。その方に誘ってもらって、いまはもうなくなってしまった六本木のスイート・ベイジルというところで観ました。席に座って「本当にうまいな」と思いながら観てました。料理を頼むと高いので、ご飯は外の「吉野家」で牛丼を食って。ベイジルではお水だけを飲みながら「スッゲー」って感動しながらずっと観てました。

 

イケコ
編集部:当時コミュ障だった生田さんの初ライブエピソードの内容が濃すぎます!(笑)
メンバーとの出会いのきっかけともなった憧れのアーティストと、同じステージに立った新保さん。
ふるさとエピソードでのあの少年が…!!感無量ですね。
みなさん、貴重なお話をありがとうございました!

 

■ 「千載一遇きたりて好機」MVフル

PRESENT
ペンギンオリジナルマスキングテープ(幻のネイビー)を5名様に!
>>プレゼント応募方法掲載のインタビューはこちら