「LOVE ON THE FLOOR 2017」 髙橋大輔が語った!公開制作発表

2017.03.2615:00

  • LINEで送る

昨年、日本が誇るトップフィギュアスケーターの髙橋大輔が、氷上から舞台へ活躍の場を広げて初めて踊り、観るもの全てを魅了した「LOVE ON THE FLOOR」。多くの再演の声に応えて、6月16日から東急シアターオーブにて再び上演される。昨年はゲストダンサーとして出演した髙橋が、本年は、構成・演出を務めるシェリル・バークと共にW主演する。その公開制作発表が、3月23日にママサカスステージにて行われた。約1000人の観客が詰めかけた熱い声援のなか、MCの安東弘樹アナウンサーと共に前回公演の映像を見ながら楽しいトークで盛り上がった。

ママサカスのテーマ「できた!がいっぱい『ママサカス2017』はじめて物語」にちなんで、「はじめてスケートできた!」のは8歳のときという髙橋。はじめてジャンプが飛べたことは覚えていないが、はじめてダブルアクセルを飛べたことは強烈に覚えているそう。
そして、「はじめてダンスできた!」のは昨年の公演だ。プロフェッショナルなダンサーに少しでも近づくため寸暇を惜しんで練習した。すべてが未知で戸惑い、初日はなんとオリンピックよりも緊張したが、「あの楽しかった空気感をまた味わえるかは、観客の皆様の盛り上がり次第かな」と笑ってアピール。観客から寄せられた質問に答える際には、質問者への心配りもかかさない。「極めた方は優しい」と安東アナウンサーもべた惚れの様子だ。

その後行われた囲み会見では、「見たいという方がいてくださったからこその再演」と改めて感謝した。「スケート靴を脱いだら裸同然ですが、昨年のパフォーマンスに評価を受けたことが自信になり、新しい道が開け、今後に向けてすごく大きな経験になりました。演じることや表現することは、形ではなく気持ちを伝えるものだからダンサーもフィギュアスケーターも変わらない。
自信を持ってさらに多くのことを経験していきたいと思います」と手応えも感じているようだ。
「前回以上のプレッシャーを感じていますが、それをはねのけて出来たら自分の力になると思うので、楽しみながらやりたいです。W主演ということで僕の出演場面も増えます。
パワーアップして戻ってくるので、また来年も見たいと思って頂ける舞台に出来るよう頑張ります。ぜひ楽しみにしてください」と意気込んだ。

写真:岩村美佳

1 2

髙橋大輔がふたたび舞台に舞い降りる。
シェリル・バーク&髙橋大輔 W主演決定!

木下グループ presents LOVE ON THE FLOOR 2017

6月16日(金)〜25日(日)東急シアターオーブ(東急ヒカリエ11階)
[構成・演出]シェリル・バーク
[主演]シェリル・バーク、髙橋大輔
[出演]クリスティ・ヤマグチ、メリル・デイヴィス、チャーリー・ホワイト ほか米国トップダンサー
※出演者は都合により変更になる場合がございます。
チケット NOW ON SALE!

(問)ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)

LOVE ON THE FLOOR 2017

関連リンク