井上苑子が教えてくれたふるさとの思い出

インタビュー | 2018.06.08 18:00

神戸

──井上さんは大阪出身のイメージがありますよね。

路上ライブは大阪でやってたんですけど、私は神戸で12年間、育ったんです。神戸ってすごくいい街なんですよ。住宅街は本当に綺麗で住みやすくて、山も海もあるし、少し行くと、三宮という都会があって、お水が綺麗な六甲もあって。空気も綺麗だし、公園もたくさんあるし、自然も豊かだし、本当に落ち着く町です。

──どんな思い出がありますか?

お稽古をいっぱいやってたんですよ。水泳、空手、書道、塾、バレエ、英会話を習ってて。1週間で10個、習い事に行ってました。1日で2個行くのが当たり前なくらい、色々やらせてもらってて。結局、歌になったんですけど。いろんなところに自転車で走って行くことが多くて。街全体が庭でしたね。ある時に、自転車で六甲ボールっていうボウリング場に行って、プリクラを山ほど撮ったことがあって。小2か小3かな。その時に、私は自転車でこけて、足が血だらけになって。本当にやばいってなって。連絡先も知らないお姉さんが、たまたま薬剤師さんかなんかで、全部消毒してくれて。あと、バスで帰りなさいって言われて、お金をくれて。本当に優しい人たちばかりなんです。あと、食べものもなんでも美味しいです。

──特にオススメはありますか?

一番好きなのは、御影にあった、高杉っていう洋菓子屋さんですね。本当に大好きだったんですけど、値段もちょっと「高すぎ」だからって、あんまり買ってもらえなくて(笑)。大きくなったいま、自分のお金で食べたいなって思うこともあります。(編集注:御影高杉本店は2017年8月末で閉店)
あと、神戸に、にしむら珈琲っていうコーヒー屋さんがあって。ある日、おばあちゃんとにしむらコーヒーに行って、ココアを飲んでたんですけど、お母さんに私がいなくなったと思われて。知らない間に大騒ぎになってて、家に帰ったら、『おばあちゃんといたの!?』っていう大事件が起きた思い出があります。

──帰りたくなりますか?

東京も大好きなんですけど、そう言われると、帰りたいなと思いますね。『青とオレンジ』っていう曲のリリックビデオの後ろの写真は全部、神戸で撮った写真になってて。思い出の場所で撮ったので、たまにそれを観て、思い返したりしてますね。

編集部:井上さんの神戸での思い出は、とても濃厚なものだったんだなと、お話を伺いながら思いました。
東京でもたくさんの思い出と歌を作ってくださいね!
井上さん、ありがとうございました!

青とオレンジ -Lyric Video-

公演情報

ディスクガレージ公演

いのうえ夏祭り2018

2018年7月22日(日) 新木場Studio Coast
ゲスト:SHE’S
※場外にフリーエリアあり!詳細は後日発表

RELEASE

「Mine.」

1st MINI ALBUM

「Mine.」

(ユニバーサルミュージック)
6月6日(水)Release!
※初回限定版[CD+DVD]、通常盤[CD]
※画像は通常盤
  • 永堀アツオ

    インタビュー

    永堀アツオ

SHARE

井上苑子の関連記事

アーティストページへ