Diggy-MO’、ソロデビュー10周年にベスト盤発売&ツアー開催!ラップ・ミュージックの最前線を力強く歩み続ける男の、現在位置を探る -後編-

インタビュー | 2018.11.07 15:00

11月7日にソロ初のベスト・アルバム『DX – 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』をリリースしたDiggy-MO’。11月17日に名古屋 CLUB QUATTRO、18日にumeda TRAD、25日にebisu LIQUIDROOMで行われる10周年記念ツアーのチケットも、現在発売中だ。さらに10月には女王蜂のシングルに「HALF Diggy-MO’ Remix」とラップとアレンジ参加したリミックス楽曲を発表、また先月公開した映画「スモールフット(日本語吹き替え版)」では「Let It Lie」「Percy's Pressure」の日本語訳詞及び監修、音楽演出を担当など、新たなニュースも届いている。アニバーサリー・イヤーの真っただ中、クールな外見の下に熱いハートを隠す男の現在の心境を聞いた。(前編はこちら

いろいろ考えましたよ、アウト・ワークスは選べなくて、相談したぐらい。

──新曲2曲が入った22曲2枚組のベストに、初回限定盤にはもう1枚、フィーチャリング参加したアウト・ワークス集が付きます。収録曲が公開されましたが、選曲の基準は?
ベスト盤の選曲って、難しいですよね。「ToMiTaMi ToMiTaMo」も入れたかったし、「The Roses」とかも入れたかった。「MUZiiKFVCK」も、すごく人気のある曲だから、入れたかった。
──ベスト盤の考え方として、マイ・フェイバリットと、ファンズ・リクエストと、あとはヒット・コレクションと。ベスト盤って、その要素を何割かずつ持ってるものだと思うけれど。今回は、マイ・フェイバリットの要素が強い?
ううん、そんなことはない。マイ・フェイバリットが勝ちすぎると、オリジナルアルバムになっちゃう。それをやっちゃいけないというか、「それをやらないで出そうよ」といってくれてるのが、ベストの良さなんですよね。全部好きで、全部気に入ってるけれど、この10年の中でのいろんな過程や人の客観的な意見も参考に、周りからの熱い意見が多かった曲は入れるようにしているかな。
──個人的なフェイバリットと言えるのは?
「先生、」「Heartache Jive」「Bayside Serenade」とかは、フェイバリットのほうだね。
──そして新曲が2曲。「GIOVANNI」はアルバム『BEWITCHED』収録「にこにこジョバンニ」の別アレンジで、ジャズのビッグバンド・スタイルで軽快にスウィングするサウンドが有無を言わさずかっこいい曲。そしてもう1曲「GOD SONG」は、Diggy-MO’の持つクラシック音楽の素養(弦楽器のアンサンブル)と、エレクトロ・ダンスミュージックとがミクスチャーされたような、最高にスリリングな1曲。この「GOD SONG」はいつ頃作っていたんですか。
形にしようという意識が芽生えたのは、「PTOLEMY」を書きながらかな。
――つまり、「PTOLEMY」と対になる曲だと。
テーマ性としてはね。曲調は違うけど。
──スピリチュアルなひらめきと、哲学的な洞察が絡み合うような。Diggy-MO’ならではの深い世界。でも曲そのものは最高にキャッチー。

モダンなバランスが必要で、そこにトライしていった感じはあるかな。ロックほど古くなく、クラシックほど優美じゃない。ハイエンドなラインのショーとかでも使えそうなイメージとかね。あと、ちょっと大げさかもしれないけど、なんか神聖なオーラや雰囲気をまとったような、そんな感じの曲がこのベスト盤に入るっていうのはとても本望ですよ。

──初回生産限定盤に付いてくるアウト・ワークス集には、m-flo♥EMYLI&Diggy-MO’「DOPEMAN?」や、BENNIE K「オアシス」などヒットチューン、ご自身のユニットViRCAN DiMMERのレア曲とかも入ってて、ファンにはすごくうれしいと思う。
これまでのアウト・ワークスのリストを全部もらって、「え、こんなにやったか」と思って。その中から、とりあえず抜粋できるのもあるんだけど、やっぱりこれ入れたいよねとか、いろいろ考えましたね。8曲と言われたけど、選べなくて、10曲にならない?って相談したぐらい。
──中でも驚いたのが、女王蜂「HALF Diggy-MO’ Remix」なんです。全編打ち込みによる壮麗なオーケストラ・アレンジということにも驚きました。
これは先方からラブコールを受けて、「OK、やりますよ」というパターン。リクエストとしては「サウンド・プロデュースとプラスラップも」という話で、これまでラップでオファーされることがほとんどだったから、自分が作曲、編曲をする人だとちゃんと知っていて理解してもらっていることが、俺的にはすごくうれしかったかな。

公演情報

ディスクガレージ公演

Diggy-MO’ LIVE TOUR 2018 “ IN SKIN ”

2018年11月17日(土) 名古屋 CLUB QUATTRO
2018年11月18日(日) 大阪 umeda TRAD
2018年11月25日(日) 東京 ebisu LIQUIDROOM

チケット一般発売:2018年9月1日(土)

Diggy-MO' presents " Tiny Xmas Concert 2018 "

2018年12月24日(月・振休) EX THEATER ROPPONGI
※U-18:当日会場にて身分証提示で ¥1,000キャッシュバック

チケット一般発売日:2018年12月1日(土)

ただいま[Club D]会員限定で最速チケット先行受付を実施中!
予約期間:11月5日(月)13:00~11月11日(日)23:59
詳細は[Club D] オフィシャルサイトにてご確認ください。

 

オフィシャルサイト先行実施!
予約期間:11月7日(水)~11月18日(日)23:59
詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

RELEASE

Best Album『DX – 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』



(SME Records)
2018年11月7日(水) Release!

■初回生産限定盤
CD2枚組:disc 1・2+特典CD1枚:outworks+ブックレット「帽子の中身」150Pインタビュー冊子
¥4,500(税込)

■通常盤
CD2枚組:disc 1・2
¥3,500(税込)

<CD:disc1>
01. JUVES (ジュヴィズ)
02. Lovin’ Junk
03. 先生、
04. PSYCHE PSYCHE
05. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
06. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
07. STAY BEAUTIFUL
08. Bayside Serenade
09. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲

<CD:disc2>
01. 首都高2
02. Blue World
03. ZAZA
04. YOYOY
05. Heartach Jive
06. COME ON feat. J’quartus
07. サムライズム
08. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
09. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia

<CD:Outworks>※初回限定盤特典
01. HALF Diggy-MO’ Remix / 女王蜂
02. Friday let me down featuring Diggy-MO’ (SOUL’d OUT) / a.mia + Key of Life
03. Ruby Hooty Jack / ViRCAN DiMMER
04. オアシス feat.Diggy-MO’ (SOUL’d OUT) / BENNIE K
05. BELLE EPOQUE feat. Diggy-MO’ / lecca
06. DOPEMAN? / m-flo ♥ EMYLI & Diggy-MO’
07. Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO’, クレンチ&ブリスタ / May J.
08. Diggy Diggy Diggy Pt.II (ViRCAN DiMMER Mix) / SOUL’d OUT

  • 宮本英夫

    インタビュー

    宮本英夫

SHARE

Diggy-MO'の関連記事

アーティストページへ