SUGIZOの初ステージは高校の視聴覚教室。2度目のライヴを前に出会った運命の人は?

スペシャル | 2017.10.11 18:00

SUGIZO

SUGIZOが初めていったライヴは?

CHAR25
編集部:SUGIZOさん、初めて立ったステージについて教えてください!

「高校の視聴覚室」

初めてとなると、5歳ぐらいのヴァイオリンの発表会で立ったステージなんですけど。バンドとなると、高校1年の後半の軽音のステージ。学校の視聴覚室でしたね。そのときはベーシストだったんです。元々僕はベース&ヴォーカル志望で、スティング的な存在を目指してたんです。その後にギターにスイッチするんですけど。ベースを弾いてた頃は先輩のバンドに入ってて、先輩のバンドでステージに立ちました。ものすごく気持ちよかったな。「ロックバンドって気持ちいな!」ってものすごく感動しました。そのバンドは先輩の趣味でモトリー(クルー)とかラットとかナイトレンジャーをやった気がする。演りながら、絶対自分ではこういう曲は作りたくないなって思ってた(笑)。でも、モトリーだけはカッコいいと思ってたんだよね。その当時、僕はニューウェーブやパンクが好きだったんですね。その回路にモトリーはなぜか引っかかったんですけど、ナイトレンジャーはまったく苦手でした(笑)。アメリカンな感じがダメだったのかな?そこから1〜2ヵ月後にそのバンドで2回目のライヴをやるんですけど。2回目のライヴをやる前にドラムの先輩が辞めてしまって。そこで誘ったのが真矢。僕は人生で2回目のライヴから真矢と一緒にやってるんです。そのときはドラムとベースという関係でしたけどね。

CHAR25
編集部:ベーシスト時代、音楽の嗜好、真矢さんとの出会いまで、当時の貴重なお話を楽しくお話しくださいました。
SUGIZOさん、ありがとうございました!

PRESENT
直筆サイン入り色紙を1名様に!
>>プレゼント応募方法掲載のインタビューはこちら