リアルアキバボーイズ10周年記念「中野サンプラザ 無料ワンマンへの道」~番外編~

2017.12.2815:00

RAB(リアルアキバボーイズ)

[L→R]マロン、けいたん、涼宮あつき、ムラトミ、ドラゴン

涼宮あつき

どうもこんにちは、RAB(リアルアキバボーイズ)の元プロNEETアフロ『涼宮あつき』です。

2017年ももうすぐ終わりですね。
今回は10月に行われた僕らのワンマン
『RAB結成10周年 入場無料ワンマンライブin中野サンプラザ』について振り返りたいと思います。

まずワンマン当日は入場無料化したことによってまさかの来客が来てくれた所からスタートします。
そう、台風
まさか災害まで遊びに来るという、ありがた迷惑過ぎるサプライズ(笑)。

しかしそんな雨風強い中、沢山の人達が当日のワンマンライブに遊びに来てくれました。

会場ロビーには沢山の関係者、企業、アーティスト、そしてRABのファンである保護者(RABのファンの総称)によるお祝いのお花やメッセージが届いていたりと開演前から既にアニバーサリー感を感じざるを得ませんでした。

今回のワンマンの内容は一言でいうと『演劇と踊ってみたで振り返るRABの10年』

RABのワンマンライブを観に来た事がある方ならご存知だと思うのですがRABワンマンは踊るだけではないんです。
演劇と踊ってみたを取り入れてコント風に仕上げたミュージカルのような内容でお送りしているのです。

これは僕達の動画の中にある「おまけ」(動画内でやるアテレココントのようなもの)の延長から生まれた手法です。
更にRABワンマンにはいくつか特徴があり、SNSと連動した企画でお客さんとその場でコミュニケーションをとったり全編に渡り公演中は写真撮影OKだったりとあまり類を見ないこのやり方が僕達のワンマンライブの一つの売りだと思ってます。

そして今回声優の若本規夫さんにオープニング、エンディングのナレーションを担当して頂いたり、アンサンブルで劇団のGAIA_crewや放映新社のシニアの方にご協力頂いたりとおかげで僕らの歩んできた10年を面白く再現できたのではないかと思います。

今回の演劇のストーリーは僕らの過去を振り返るノンフィクションが強い内容で物語は数十年後のアニメ化、武道館ワンマンの夢を果たし、おじいちゃんとなったRABが昔を懐かしむところから話がスタートしました。

そこから演劇の台詞をキッカケに“踊ってみた”のパフォーマンスがあったり、お客さんと一緒にエクササイズをしたり保護者をステージに上げダンスバトルをしたり、イラストのライブペインティング、ムラトミのツイキャス配信、Twitterのハッシュタグをトレンド入りさせてみたりと、様々なことをやりました。

これだけ聞くともはや何のライブかわからなくなりそうですが(笑)。
このお客さんを飽きさせないエンタメ作りが僕らの特徴です。

しかし前半パートをコミカルに展開したのち、ストーリーに出てくるキーパーソン「先輩」の出現によって物語の後半は一気に真面目な空気に変わります。

『アニメ』『ブレイクダンス』というこの全く世界が違う2つを組み合わせてやっていた僕らの前に長年ブレイクダンスの世界を大事に守り続けてきた「先輩」が僕らの活動に注意をします。
「真面目にブレイクダンスをやってる奴らからしたら迷惑だ」と。

そしてその台詞をキッカケに僕とドラゴンが対立し、メンバーそれぞれもRAB以外の道を見つけ出し、メンバーは散り散りに。
これが今回一番のノンフィクションな内容だと思います。

そして物語はもうRABが戻ることはないと思っていたそんな時、落ち込む僕が最初に動画投稿をした「オリオンをなぞる」の動画を観たユーザーからのコメントにRABを必要としてくれている人達が居ることに気付かされ、もう一度メンバーを連れ戻すということを決意します。

その時に今回初めての試みである演劇ではなく、“踊ってみた”の中で演技をし
“前前前世を踊ってみた”の中でメンバーを一人づつ引き戻していくという展開が今回のワンマンの一番難しく、そして一番の感動ポイントだったのではないでしょうか。
歌詞の中の「全部なくなって散り散りになったって、もう迷わないまた1から探し始めるさ」という部分があの頃の僕達にピッタリな歌詞だと思い、この曲を選びました。(出典:RADWIMPS「前前前世」、作詞:野田洋次郎)

そして「先輩」も僕達の本気度を認め応援してくれる存在に変わりました。
これは本当に実在している「先輩」も今では僕達を応援してくれています。

RABの目標は自分達自身が「アニメ化」すること、そしてそのために知名度を上げるため「武道館でのワンマンライブ」を目指しています。
今回の中野サンプラザワンマンはその足掛かりにすべく行なったのですがワンマンの中で「ちょっとだけアニメ化」というクラウドファンディングのストレッチゴールがあり、僕らの夢がほんの少し叶った瞬間でもありました。

またアンコールではRABの創始者である6人目のメンバー「チャカ」も帰って来てくれて10年の節目に大きな舞台でようやくRABが全員揃った時に、色んな思い出がフラッシュバックして涙がこぼれました。

そんな僕達の今できることは全てやったと思えたワンマンライブ。
必ず次に繋がると僕達は信じてます。
10年という節目を終え、これから新しく始まる11年目は更なる飛躍をしたいと思っています。
いつかこのワンマンでやった未来の自分達が叶えた夢が本当になることを信じて11年目のRABに期待してください!

PS.ワンマンの中の未来のムラトミはもう死んでる設定になってたけどね(笑)

 

RAB新年会、忘年会ツアー

12月30日(土) RAB大忘年会@さいたま新都心HEVEN's ROCK
1月13日(土) RAB新年会@六本木morph TOKYO
1月14日(日) RAB新年会@名古屋DAYTRIVE
≫ 詳細はこちら

RABワンマン2018 東名阪ツアー

5月19日(土) 名古屋 JAMMIN’ 
5月20日(日) 大阪 ESAKA MUSE
5月26日(土) 東京 ディファ有明
≫ 詳細はこちら

関連リンク

RELEASE

「このアニソンで踊りたい〜アニソン・ダンス・クラシックス30+〜」
アニソンダンスのパイオニア「RAB(リアルアキバボーイズ)」とアニソン×ダンスミュージックの先駆け的なイベント「Re:animation(リアニメーション)」がタッグを組んだミックスCD(コンピレーションCD)!
NOW ON SALE

RAB(リアルアキバボーイズ)

アニソンでブレイクダンスを踊る集団。
ネット上の関連動画総再生数1億再生超えするなど人気沸騰中。