フォーリミ、結成10周年を仲間と祝福!初の東名阪アリーナツアーは“自分たちで道を作る”スタートに

ライブレポート | 2018.05.12 12:00

名古屋発の4人組、04 Limited Sazabysが今年結成10周年を迎え、記念すべきアニバーサリーイヤーに初の東名阪アリーナツアーを開催!そのアリーナツアー初日となる4月29日横浜アリーナ公演をレポートする。

会場に入ると、正面ロビーにある2本の柱にこれまで販売してきたTシャツを展示&ライヴ写真が飾られており、撮影オーケーということでたくさんの人が群がっていた。また、歴代アーティスト写真の展示もファンには人気を博していたようだ。

そんな催し物を楽しみつつ、開演時刻18時半を少し過ぎると、鼓膜をつんざく爆発音とともに「fiction」で本編スタート。GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gt)、RYU-TA(Gt&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)のメンバー4人は白いTシャツで身を固め、アリーナだろうと妙にかしこまらない姿勢もフォーリミならではだ。派手なレーザー光線が飛び交う中での「escape」はキレキレの演奏で激しさを増す。続けて火柱が上がると、エッジーな「knife」に移り、ド頭から攻め立てる流れに会場は熱くなるばかり。

GEN(Vo&Ba)

RYU-TA(Gt&Cho)

HIROKAZ(Gt)

KOUHEI(Dr&Cho)

最新シングル表題曲「My HERO」も序盤にプレイされ、ツービートや後半のGENによるラップパートも凄まじくカッコ良い。また、スクリーンに歌詞も流され、言霊をこの場で共有する演出も実に良かった。それから小さな子供でも口ずさめる甘美なポップ性に満ちた「drops」もライヴ映え抜群で、観客とのコール&レスポンスを相まってアリーナをひとつに束ねていく。

そして、“10周年だけど、12年前に作った懐かしい曲”とGENが前置きすると、「Standing here」が炸裂。武骨かつ荒々しいヘヴィさを放つ一方で、フォーリミらしいキャッチーなメロディーが光り、観客から好リアクションを獲得。すかさずメニコン『1DAY Menicon PremiO』CMソング「hapiness」、キュートなダンサブル感に満ちた「me?」を挟んで、次は「midnight cruising」へ。暗闇に包まれ、宇宙空間に投げ出されたような幻想的な照明が映え、横浜アリーナという大きな会場に見事にマッチしていた。

中盤に差し掛かると、“10周年おめでとう!”とお祝いコメントとともにBLUE ENCOUNTの田邊駿一(Vo&Gt)が登場。このサプライズに会場もどよめき、“では聴いてください、「もっと光を」…”と冗談を飛ばすと、GENから速攻で突っ込まれつつ、「climb」で親密コラボを披露。その後も“愛するフォーリミを祝いに”とgo!go!vanillasの牧 達弥(Vo&Gt)が姿を見せ、「warp」で共演するスペシャルな演出に観客も沸いた。

ここでメンバー自らバンドの歩みを振り返る場面もあり、CDを出せない時期が辛かったが、それからいろんな人との出会いがあり、今こんなに良い景色を見ることができていることに対し、メンバー4人が感慨深い表情を浮かべていた。それからキリッと前を向くように、“ここからは自分たちで道を作る”とGENが言うと、感情の全てを叩き付けるように「Buster call」「monolith」と畳み掛ける流れもグッときた。さらにロックンロール調の「mahoroba」を経て、この日ライヴで初披露した「夕凪」も切ない旋律ながら力が沸き上がってくる曲調で素晴らしかった。

ライヴも後半に入ろうとする頃、“俺らは普通の兄ちゃんでここまで来れた。変わらずにいきたい”とGENが胸中を吐露する場面もあり、メンバー4人が今なおシンプルなTシャツ姿なのはそういう理由なのだと改めて痛感。隣にいそうな兄ちゃん的佇まいのまま、スーパーヒーローになること。それは彼らが多大な影響を受けてきたバンドたちの姿と重なるものがある。しかし、フォーリミは“自分たちの道を作る”とこの場所できっぱりと宣言した。以前と比べて、発言も演奏もみるみる成長を遂げ、逞しくなっているではないか。そう感じたのは僕だけではないだろう。

本編ラストは「swim」「Give me」で最高潮の盛り上がりを観せて終了。アンコールに入るとスクリーンに昔のメンバーのライヴ時の様子をとらえた映像が流れる中、「Squall」で盛大にフィニッシュ!10周年というお祝い的な色合いも見せながら、バンド的にはやっとスタート地点に立った気持ちであり、ここからより一層アクセル全開で突き進むんだ、という熱い意志を迸らせる初のアリーナワンマンであった。フォーリミの快進撃はここから始まる。そう予感させ、これからのバンドに激しく期待したくなる内容だったことも付け加えておきたい。ゆえにライヴが終わっても、ドキドキはずっと収まらなかった。

セットリスト

01. fiction
02. escape
03. knife
04. Chicken race
05. My HERO
06. Remember
07. nem…
08. drops
09. Standing here
10. Any
11. happiness
12. me?
13. midnight cruising
14. climb
15. Warp
16. Buster call
17. monolith
18. mahoroba
19. 夕凪
20. Letter
21. milk
22. hello
23. swim
24. Give me

<ENCORE>
Squall

公演情報

ディスクガレージ公演

METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018

OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018
2018年5月19日(土)堺市・海とのふれあい広場[大阪府]

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018
2018年5月26日(土)27日(日) 新木場・若洲公園(東京都)
※SOLD OUT

チケット一般発売:2018年3月25日(日)

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018

2018年8月31日(金)9月1日(土)2日(日) 山梨県 山中湖交流プラザ きらら
※04 Limited Sazabysは31日(金)出演

その他ライブ情報は04 Limited Sazabysオフィシャルサイトにてご確認ください。

RELEASE

「My HERO / 夕凪」

Major 4th Single

「My HERO / 夕凪」

(日本コロムビア)
2018年3月14日(水)Release!
※12cmCD・カセットテープ他、音楽メディア全種類リリース!
※写真は12cmCD
  • 撮影

    ヤオタケシ

  • Viola Kam (V'z Twinkle)

  • 取材

    荒金良介

SHARE

04 Limited Sazabysの関連記事

アーティストページへ