ルルーシュ作品の音楽をフルオケで堪能!フランス・シネマ・コンサートが大阪で開幕。演奏曲目も到着♪

2016.09.2113:30

クロード・ルルーシュ監督の数々の映画を上映しながらフランシス・レイの音楽をフル・オーケストラが演奏するコンサート、クロード・ルルーシュ・イン・コンサートが20日(火)に大阪・フェスティバルホールにて開催された。
同コンサートは2014年9月にパリのアンヴァリッド広場にて3日間開催された音楽イベントで、フランス以外で上演されるのはこれが初めて。
オーケストラのイントロダクションから始まったコンサートは、『冒険また冒険』(1972)、『ライオンと呼ばれた男』(1988)と初期〜中期の作品をテンポよく演奏していく。巨大なスクリーンに映し出される映画の名シーンを見ながら、フルオケの演奏を生で聴くのはなんとも贅沢な空間。このオーケストラのコンサート・マスターを務めるのは現・仏首相夫人のアン・グラヴォワン。公演中には随所で時には力強く、時には繊細なソロ・バイオリンを弾き客席を魅了。

fujioonishi_1644
今回のコンサートにはゲスト・ボーカリストとして仏ミュージカル界の貴公子と呼ばれるローラン・バンが参加。ラスト・ナンバーの『男と女』(1966)では、もうひとりのボーカリスト、キアラ・ディ・バリと共にあの”ダバダバダ”を歌い、客席も思わず大合唱。

fujioonishi_1105
さらにフランスの本公演では演奏されなかった『白い恋人たち 』(1968)も日本だけで演奏。まさに「グレイテスト・ヒッツ・オブ・クロード・ルルーシュ&フランシス・レイ」の構成でお客さんも大満足。見終えた後は、なんだかパリに行ったような気になる小粋な2時間でした。同コンサートはこの後、東京で9月21日と22日の2日間に渡って開催されます。

fujioonishi_1679

クロード・ルルーシュ・イン・コンサート大阪公演 演奏曲目

01.Introduction = ランデヴー(1976)
02.冒険また冒険(1972)
03.ライオンと呼ばれた男(1988)
04.夏の月夜はご用心(1990)
05.愛と哀しみのボレロ(1988)
06.パリのめぐり逢い(1967)
07.Tout ça… pour ça! (日本未公開/1993)
08.La Belle Histoire (日本未公開/1992)
09.恋に生きた女ピアフ (1983)
10.愛よもう一度 (1976)
11.アテンション・バンディッツ (1987)
12.あの愛をふたたび (1969)
13.しあわせ (1998)
14.続・男と女 (1977)
15.レジダンス/反逆 (1975)
16.Ces amour-là (日本未公開/2010)
17.愛と哀しみのボレロ (1981)
18.男と女 (1966)
Encore
19.白い恋人たち (1968)

クロード・ルルーシュ・イン・コンサート東京公演 チケット情報

9月21日(水)開場18:00/開演19:00
9月22日(木祝)開場13:00/開演14:00
NHKホール

【当日券情報】
★当日券の電話予約は9月21日(水)まで
 当日券のご予約とお問い合わせは 03-5791-3011 (12:00~16:00)
★電話予約終了後は、NHKホールの会場販売をご利用ください。
[9月21日]公演当日17:00より発売予定
[9月22日]公演当日12:00より発売予定

フランスシネマコンサート第1弾『クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!』 http://lelouch2016.jp/

クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!

『男と女』『パリのめぐり逢い』『あの愛をふたたび』『愛よもう一度』『愛と哀しみのボレロ』他、フランス映画のゴールデン・コンビ=「ルルーシュ×レイ作品群」のそれぞれのハイライトシーン、新たにオムニバス形式で再編集したベスト・オブ・ベストな映像作品を、巨大スクリーン × 総勢約60人のオーケストラによる生演奏でお届けします。
※映画の上映に関しましては各映画の全編上映でございません。予めご了承ください。
※「ボレロ」のみモーリス・ラヴェル作曲となります。

【演奏】
指揮:ニコラ・ギロウ/オーケストラ:東京ニューシティ管弦楽団/ソロ ヴァイオリン:アン・グラヴォワン/バンド:パトリック・マヌギアン(G)、フィリップ・シャイエブ(B)、ディディエ・ガッツォ(D)、シリル・バルベソル(P)、キアラ・ディ・バリ(Vo)
ボーカルに仏ミュージカル界の貴公子、ローラン・バン緊急来日決定!