ガンズ再始動!アクセルが足を複雑骨折、ギブス姿で座ったままライブ

2016.04.1117:00

  • LINEで送る

ガンズ・アンド・ローゼズ

スラッシュ、ダフ・マッケイガンのクラシックメンバー2人が再び参加し話題を呼んでいるガンズ・アンド・ローゼズのライブ。4月8日にスタートしたラスベガス、T-モバイルアリーナでのライヴに、フロントマンのアクセル・ローズがギプス姿で登場し話題となっている。

アクセルが、どのような経緯で足を骨折したのか不明だが、4月1日に行われたシークレットライブ以降足を負傷したという。担当医師のインタビューがネット上に公開されているのだが、X線画像を見る限りだと足の小指がパッキリ折れている痛々しい映像が…。さらに足首にも大きなダメージを追っており、ガンズの再スタートとなる4月のライブ4週間は、負傷した足に体重をかけられず固定されたままライブをする予定だという。

ネット上にはファンが撮影したガンズ・アンド・ローゼズのライブの模様が公開されているが、アクセルは座ったままヴォーカルをとっている。動きがないのは残念だが、パフォーマンスには支障はなさそうだ。ちなみにこの円形のライトを取り付けられたイスは、昨年フー・ファイターズのデイヴ・グロールが足を骨折した際に使用したものとそっくりなことから、「デイヴのセットを借りたのでは?」という珍情報も流れている。

記事提供:AOL News