4/20(金)開催「LIVE in the DARK」に出演するTHREE1989、2ndミニアルバム『JET BLUE』を4/25(水)リリース決定!

ニュース | 2018.03.08 20:00

5回目となる本公演には、西暦1989年生まれの3人で構成されたバンド、THREE1989(読み:スリー)の出演が決定。
THREE1989は70~80年代のR&B・ジャズ・ロックを基盤に、それらを巧みなアレンジで見事にポップスのフォーマットに昇華し、独自の“グルーヴ”を奏でる、今注目のエレクトロバンド。現代的ながらもどこか懐かしさを感じる彼らの音楽と、満天の星々を心ゆくまで楽しむことができる一夜限りのライブになる予定。
本公演ではプラネタリウム“天空”に新たに登場した限定3席のプレミアムシート『三日月シート』の鑑賞チケットも販売。特別なライブをさらに特別環境で楽しむことも出来る。

THREE1989 ミニアルバム『JET BLUE』を4/25(水)リリース決定!

これぞ、レトロフューチャー・ポップ! Kan Sanoリミックス・ナンバーも必聴!

全員が1989年生まれの3人組バンド、THREE1989。
Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す、時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いアビリティ、この3人が生み出す楽曲が日本の音楽シーンに新たな扉を開けようとしている。70~80年代のR&Bやディスコ・サウンドを巧みに取り入れつつも未来を感じさせるその音楽性は、“レトロフューチャー・ポップ”と呼ぶにふさわしい。

彼らは2016年に配信シングル「High Times」でデビューし、iTunesダンス・チャートで5位を記録。それ以降にリリースした楽曲も含めて多くのプレイリストに取り上げられ、リスナーを拡大してきた。2017年8月には全国流通自主制作1stアルバム『Time Line』をリリース、ロング・セラーとなっている。
本作『JET BLUE』は彼らの2作目の全国流通盤となるミニアルバム。メロディーの良さ、歌詞の世界観、ポップ・センス、グルーヴ感、アレンジとサウンド、すべてにおいてより研ぎ澄まされ、進化した彼らの姿がここにある。
前作『Time Line』に入っていた人気楽曲「UNIVERSE」を、世界的に評価の高まっているアーティスト/プロデューサー/トラックメイカーであるKan Sanoがリミックスしたスペシャル・ヴァージョンも収録。

2018年の今、聴くべき音楽は間違いなくこれだ!

Don't miss it - Music Video

公演情報

ディスクガレージ公演

「LIVE in the DARK」

2018年4月20日(金) コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン
(東京スカイツリータウン イーストヤード7階)
【1st Stage】19:30開演 / 19:00開場
【2nd Stage】21:30開演 / 21:00開場
お申し込み・詳細はこちら

リリース記念インストアイベント予定

4月28日(土) HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース
19:30~
内容:ミニライブ&サイン会
※詳細はHMV&BOOKS SHIBUYA イベント情報ページをご覧ください。

プロフィール

THREE1989

Shohey(Vo)
1989年7月16日、熊本県生まれ。ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当。声の良さと歌唱力は圧巻。
Datch(DJ)
1989年11月27日、大阪府生まれ。ターンテーブルとサンプラーを駆使するグルーヴ・マスターにして、THREE1989のリーダー。
Shimo(Key)
1989年1月3日、奈良県生まれ。キーボード、ギター、ドラム等、様々な楽器をこなすマルチプレイヤー。

プロフィール

Kan Sano

キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。
キーボーディスト、プロデューサーとして、Chara、UA、土岐麻子、大橋トリオ、藤原さくら、RHYMESTER、向井太一、Seiho、SING LIKE TALKING、佐藤竹善、青葉市子、韻シスト、尾崎裕哉、須永辰緒、七尾旅人、片平里菜、いであやか、佐藤千亜妃 (きのこ帝国)、Shing02、Madlib、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、Monday Michiru、赤い靴、羊毛とおはな、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、ゲントウキ、Carolyn Malachi、DinoJr.、守家巧、Eric Lau、Ruth Koleva、Honey Sauce Band、Monicaなどのライブやレコーディングに参加。また、新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、LINE、ジョンソン、大幸薬品 (正露丸)、リステリン、セイバン、日本管理センター、三菱地所ホームのCMや、J-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。Kan Sano名義のアルバムとしては、『Fantastic Farewell』(2011年)、『2.0.1.1.』(2014年)、「k is s」(2016年)がある。

RELEASE

「JET BLUE」

2ndミニアルバム

「JET BLUE」

発売日:2018年4月25日(水)

価格:1,600円+税
(Mastard Records)
収録曲:新曲5曲(予定)+「UNIVERSE」Kan Sano Remix

SHARE

関連記事

イベントページへ