ファミコンのソフトでドレイクを演奏する男…再び斬新なアイディアで大ヒット『One Dance』をカバー!

2016.06.2516:00

  • LINEで送る

ファミコン

今年上半期のメガヒット曲の一つとしてチャートで圧倒的な強さを見せたドレイクの「One Dance」を、昨年ネット上で話題をさらった音楽系YouTuberが斬新なアイディアでカバーし話題沸騰中だ。

このセス・エヴァーマンという男、昨年任天堂64のカートリッジを替えながら「ゼルダの伝説」や「マリオカート」の音と、ドレイクの「Hotline Bling」とのマッシュアップ・パフォーマンスでネット上で大ブレイク。斜め上のアイディアでスマッシュ・ヒットを連発している男だが、今回も得意のドレイクネタで再び最新のネタを投入。キーボードのイントロ部分の演奏以外は、ゲームソフトをコツコツ叩く音や、コインのスクラッチ音、ウォーターボトルを吹いた笛、ドアを叩く音などで見事再現した。

毎度のことだが、他の人が中々思いつかないアイディアでドレイクを極めるこの男、次の作品も多いに注目である。

記事提供:AOL News