【これはスゴい!】64台のフロッピードライブで演奏する音楽が進化し過ぎて新たな領域に!

2016.07.2215:00

  • LINEで送る

フロッピー

数年前からフロッピーディスクのドライブを使用して、音楽を奏でる動画というのは度々話題になって来た。過去にはパイオニア的なユーチューバーの「MrSolidSnake」が次々と新作をアップし、ギミックを極めたかに思えたフロッピー音楽の世界だが、「Pawe? Zadro?niak」という投稿者が新たな可能性を提示し話題になっている。

「Pawe? Zadro?niak」の演奏セットは64台のフロッピーディスクと、8台のハードディスク、2台のスキャナーによる「ハードウェアのオーケストラ」。先週公開された人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ハワイ・ファイブ・オー」のテーマは、うず高く積まれたフロッピー64台が和音、スキャナーが重厚な重低音を奏で、ハードディスクがリズムパートを叩き出すという衝撃映像、もはや職人技と言っても過言ではないものだ。

これまでのインパクトも相当なものだが、新たに公開された「Sandstorm」はさらに凄い!

かの格闘家、ヴァンダレイ・シウバや、ボストン・レッドソックスの上原浩治の入場テーマとして日本人にはお馴染みの曲だが、その再現率の高さに驚かされる。この「Pawe? Zadro?niak」というユーチューバーも定期的にフロッピー音楽をコンスタントに発表して来たが、この巨大システムを発表して以来、この分野で無双振りを発揮している。彼に追随する音楽家の登場も含め地味に進化しているこの分野、今後も大注目である。

記事提供:AOL News

この記事をシェアする