山崎あおいのニワカ趣味のススメ 第7回「映画」

コラム | 2019.02.06 21:30

年間400本鑑賞は当たり前とか、小劇場でしか上映されていない作品も必ず見にいくとか、そこまでの情熱はないものの、私も「映画が好きだ」と自負する人間の一人です。

昨年公開された「カメラを止めるな!」は、映画ファンによる口コミでブレイクしましたよね。私も世間の熱狂の終盤のほうにひっそりと見に行きましたが、映画の脚本自体も、そして制作された背景に想いを馳せても、「みんなで作品に賭ける青春」な感じが眩しくて、グッときました。笑えるポイントもあって、シンプルに面白かったです。

「いい映画」の基準はいろいろあると思います。脚本が素晴らしいとか、社会的に意味のあるメッセージがこもっている、俳優陣の演技が良い、画角が面白い、セリフが奥深い…どれかが突き抜けてよかったり、またはバランスが取れていたりで評価されるのだと思いますが、私の「いい映画」基準は、音楽の良し悪しに大きく振れています。

最近、音楽が素晴らしいと思った映画は「イット・フォローズ」(2014)。いつもMVの監督をしてくれているKさんにオススメされて見ました(ここでブルーレイを返していないことを思い出しました、ごめんなさい)。簡単にいうと、得体の知れない何かが、死ぬまで追いかけてくる、っていうホラー映画です。海外のホラー映画はドッキリ要素とキモチワル要素が強くて、もっと地味で不気味なものが好きな私はピンとこないことが多いのですが、この映画は音楽が超秀逸でした。

映画『イット・フォローズ』予告編

聴き手を不安にさせる音楽として、安易に不協和音を選ばず(もちろん不協和音だらけの曲もありますが)、シンセの音色で煽ってきます。この音色がとにかく不快で、その不快さが痛快で、最高なんです。

得体の知れない「それ」の見た目は、やたら身体のデカい人間や、裸体のおじさんだったりして、ホラーという前提を排除すればなかなかコミカルなのですが、そんな「裸体おじさんが追いかけてくる映像」でもこの不快なシンセがマッチすると、めちゃくちゃにおぞましいものになるのです。実際、裸体のおじさんが追いかけてきたら、そりゃ死ぬほど怖いよな、いっそ殺してくれ!と思うだろうな、と、実感のある鳥肌を立ててくれます。視覚情報に、プラスアルファで意味を持たせる。それが映画音楽としての素晴らしさだと私は思っていますが、その点でこの映画の音楽は天才的でした。

皆様もぜひ「イット・フォローズ」、サウンドトラックを聞きながら街中を歩いてみてください。目に入る様々なものが、思わぬ不気味さをもって襲いかかってくるかもしれません。

"鯖鯖" (Official Music Video)

公演情報

ディスクガレージ公演

山崎あおい LIVE TOUR 2019 ~FLAT PLAT~

2019年3月15日(金) 北海道・札幌 KRAPS HALL
2019年3月22日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2019年3月23日(土) 大阪・心斎橋Music Club JANUS
2019年3月31日(日) 東京・下北沢GARDEN

チケット一般発売日:2018年12月5日(水)

MUNETAKA Vol.4 -Popping Shower-

2019年2月27日(水) TSUTAYA O-nest
出演:cyberMINK / 瀬川あやか / 山崎あおい / RIRIKO

PROFILE

山崎あおい

札幌出身のシンガーソングライター。

高校在学中にYAMAHA主催のコンテスト「The 3rd Music Revolution」に出場し、グランプリ&特別審査員賞をW受賞。

これをきっかけに自作楽曲が地元札幌を中心に企業CMやTV番組主題歌などに使われるなど注目を集め、2012年8月メジャーデビュー。
透明感のあるピュアな歌声と、リアリティをもったセンチメンタルな歌詞が同世代をはじめ、幅広い層の男女に支持を受けている。

また、AKB48を始めとする女性アイドル好きであることを公言し、日々の出来事や趣味の妄想、自虐ネタなどを綴るブログ「シュール イズ ビューティフォー」やTwitterでは様々な顔を見せている。

SHARE

山崎あおいの関連記事

アーティストページへ