再びWaiveがステージに帰ってくる!Vo.田澤孝介&Gt.杉本善徳が、今だからこそ話せる胸の内を語る!

インタビュー | 2018.10.05 18:00

──あははは。まぁね(笑)。でも、今、振り返ってみても、Waiveは4人にとってもすごく素敵な時間だったんじゃない? こうして再演したいって思える場所でもあるわけで。
杉本善徳再演できてるのは、ほんまにファンのおかげやと思ってる。これは、心からそう。我々も辞めずに音楽を続けてきたからこその奇跡みたいなんはあると思うけど、人が求めて、さらに集まってくれなかったら、続きはなかったと思うもの。“Waiveってこういうライヴがやりたいんだよね”っていう規模感で実現させてくれる人達がいるからこそ出来てる“再演”でもあると思う。ほんまにそこは感謝してる。それを実現させてくれて支えてくれるスタッフが居てくれることも、感謝すべきとこやと思う。実際に再演をして、“やって良かったな”って思わせてくれたのもお客さんやったしね。
田澤孝介こっちは気持ちさえ整えばいつでもやれるでしょ。あとは、曲さえちゃんと思い出せばやれるけど、観に来てくれる人達がいなくちゃ実際にはやれないからね。
杉本善徳全部話すとね、そもそも今回、去年の4月1日にライヴを発表しようとしてて。
田澤孝介それ言っちゃう(笑)?
杉本善徳おもろいから言ってええんちゃう(笑)?4月1日ってエイプリルフールやから、本当か嘘か分からへん発表しようや!ってことになって。そこで、“東京ドームでライヴ!”っていう発表をしようっていう話になってて。それで、後日、“嘘でした。本当は、TOKYO DOME CITY HALLでした!”っていう発表をしようって。TOKYO DOME CITY HALLでやりたかったのは、当時ニノッチがドームシティの敷地内で働いてたから、その職場の人らに「こいつ実は、スゴいねんぞ!」ってのを見せたいな〜っていう悪巧みで(笑)。
田澤孝介その他にもいろいろと仕込もうとしててんな。
杉本善徳当時のWaiveがやれなかったことしようぜ!ってことになって、メジャーデビューしてないから、メジャーデビューしようぜ!って。でも、続くバンドじゃなく解散中のバンドをメジャーデビューなんてさせられへんってことで、ことごとく断られ(笑)。
田澤孝介それも最初は4月1日に発表しようとしててんな(笑)。
杉本善徳そう(笑)。もう何がホントが分からへんようにしようっていうね(笑)。メジャーデビューして、東京の「LaQua」のイベントスペースでライヴして、全国ツアーやって、最後にTOKYO DOME CITY HALLでライヴやって終るっていうプランを立てて、それを実現するためには、絶対条件としてメジャーデビューとTOKYO DOME CITY HALLを抑えることやってんけど、どっちとも失敗に終わってしまい何ならニノッチも、そこで働いてなくなり(笑)。
田澤孝介こんなことある!?っていうね(笑)。そりゃね、なかなか動いてなくて、また止まっちゃうバンドをメジャーデビューさせないでしょ、何処のレコード会社も(笑)。
──またいろいろと考えてたんだね(笑)。
杉本善徳で、失敗が続いたことで逆にメンバーに火が点いてしまい、悶々としてるところに奇しくも平成という時代の終わりが訪れることになって……。Waiveは、平成に活動していたバンドやし、思い出を締めくくるという上で、大義名分とはちょっと違う、ファンにとっても俺達にとっても1つのピリオドとして、相応しいものじゃないかな?と思って、今回の4月30日のZepp Tokyoのタイトルに至った、と。
田澤孝介『「サヨナラ?」愛しい平成よ』ってタイトルね。
──なるほどね。2016年の再演時には新曲も作っていたよね。
田澤孝介うん。すごくWaiveやなって感じる曲やったけど、作った本人はどうやったんやろ? やっぱり意識した? するか、それは。
杉本善徳もちろん意識はしたけどね。でも、やっぱりさっきの話じゃないけど、時間を重ね、相応に年を取った後に作ってるから、今からまた猫数えさせる歌は歌わせられへんな、とは思ったけどね。
田澤孝介いやいやいや、二ノッチが猫数えだしたんも、自分からやし、俺らが“猫数えろや!”って数えさせた訳じゃないし、俺がかつて猫を数えた歌はなかったしな(笑)。
杉本善徳(笑)。だから、ちゃんと意味のある現在のWaiveというかね。ファンにとっても、Waiveやなって感じてもらえる曲やったんちゃうかなって思うけどね。
──歌詞的にはどう感じた?
田澤孝介歌詞的には、すごく“善徳くんらしい”って思った。ただの歌詞ではすまない歌詞というかね。付随していくストーリーがすごいなって。歌詞を読んだだけでは読み取れないものというか。それって、お客さんとのストーリーだと思うんですよね。そこをきちんと突いていくというか。それは、これまでのWaiveの歌詞でもあったからね。“これ、予言ですか?”っていう。2016年の再演のときに感じたことでもあったんやけど、ずっと昔に書いた曲が、まるで、今日、この日のことを歌っていたんじゃないか?っていう思いがあったからね。それはそのときの新曲にも感じたし。すごいな、僕には出来ないなって思いましたね。
──予言できるの?
田澤孝介予言できるよね。
杉本善徳まぁそこそこ出来る方かなと。
田澤孝介宝くじとかは無理やけどね(笑)。
杉本善徳いろんな歌詞の書き方があると思うけど、自分達のバンドに書く歌詞は、Waiveという人格を意識しないとダメやと思っていて。自分のやってきたバンドは自分と一緒に生きて来たから、自分が大きく反映されてしまうと思うんやけど、辞めていったメンバーのことももちろん、“第なんとかの人格”としてWaiveという別の人も存在すると思うから、ソイツが我々を見てどう思っているか? というのが存在すると僕は思っていて。それがもしかしたら、お客さんという集合体のことを言うのかもしれへんし。だから、自分のバンドの歌詞に関しては、どうしても物語的になると思うところはあって。自然とそうなっちゃうというか。自分のソロや楽曲提供時に書く歌詞とは明らかに違うからね。
田澤孝介すごく分かる気がするな。
──そうだね。ということで、少し先の話になるけど、来年4月30日のZepp Tokyo への意気込みは?
杉本善徳Waiveって、解散ライヴがSHIBUYA-AXで、人々のイメージに比べると、あんまり大きなキャパでライヴが出来てなかったバンドでもあったんで、今回は今までで最大の規模でライヴがしてみたいっていう思いがあって。2016年の再演のときも、いろいろとそれぞれから“このハコでやってみたい”っていう意見も上がっていたりしたんですけど、個人的な意見としては、当時の解散のハコよりもキャパを上げるべきではないと思っていたんですよ。でも、新曲を出したことによって、ここからプラスしていくものってあってもいいのかなっていう考え方になって、今回、Zepp Tokyoを選んだんですよね。5年、5年、2年というスパンだから、人間の思考的に言ったら、前回から2年しか経ってないし、「また演るんか」って思う人もいるかもだけど、自分達の中では、規模感含めていままでの何かしらを更新するWaiveをやりたいなっていうのがあるから、それが叶えば、また自分達の中で新しいものを足していけるのかな?って思ってます。“やらない”と“やれない”というのは、違うからね。“やれない”にはしたくない。まぁ、Waiveは一度終っているバンドではあるけど、再演という形でも、“やらない”と“やれない”は大きく違うからね。“やれない”になると、だんだん終わりに向かっていってしまうからね。もうやろうと思えなくなるというか。それは自分達の気持ちだけの問題じゃなく、やっぱ、観に来てくれる人、求めてくれる人と我々バンドとで作りあげるものがライブだし、できればたくさんの人に集まってほしいなって思います。
田澤孝介そうね。前回も前々回もいろんな思いがあってのライヴではあったけど、そのときも、今も自分の中で“今の自分はコレが出来るから”っていうことを出さないというルールがあるんですね。とりあえず、Waiveをやっているんだから、Waiveをやりたいんです。今ならこう歌うとか、当時出来なかったことが出来たりするんですけど、それを追求するよりは意図的にWaiveを再現しようという想いがすごく強いから。とはいえ今回のライヴに関してはそういう肩肘張った感じも無く、いままでの中で一番フラットに向き合えてる感じがするというか。言い方悪いけど、むちゃくちゃやったろかなって思ってるっていうかね(笑)。もちろんステージのクオリティを守るのは大前提。その上で、気持ちのリミッター外して演ろうかなって思ってますので、是非、遊びに来てくれたらと思いますね。
杉本善徳たしかに、なんかむちゃくちゃしたいよね。
田澤孝介そう。なんかね、坊主にしたい感覚と似てる!
杉本善徳分かる。坊主、したい。
──素晴しい(笑)。でも、今だからこそ出来るライヴが出来そうだね。
杉本善徳そうやね。いろんなものを捨てたしね。当時は“売れたい”っていうのも何処かにはあったし、いくらそういうのを無視したくても、誰かに認められたかったとこもあったから。今も認められたくない訳じゃないけど、“売れたい”は1㎜もないもの。ただ、観に来た人が“売れて欲しかった”って思ってくれるようなライヴをしたいかな。好きで居てくれる人達に、“最高!”って言ってもらえるものを更新していきたいなって思うね。
田澤孝介そうね。2016年にすごくいいライヴできたなっていう手応えがあったからこそ、そこを更新できるライヴにしたいなって思うね。
杉本善徳そう。その感覚が残ってるからこそ、2年でまたやりたいって思えたんだと思うしね。今の延長線なら、あの時を超えられるのかも! っていう気持ちはあるからね。そんな気持ちでライヴするので、是非、遊びに来てくれたらと思います。

「4月30日(火)Zepp Tokyo」ティザー映像を視聴

PRESENT

【2016年ライブ会場限定販売CD「Days.」(直筆サイン入り)】を1名様に!

受付は終了しました

SHARE

Waiveの関連記事

アーティストページへ