小栗 旬×いのうえひでのり、「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花」の見どころを語る!

2016.11.2610:00

小栗 旬×いのうえひでのり

取材・文/園田喬し
撮影/村上宗一郎

──この公演は「IHIステージアラウンド東京」という、客席が360度回転する全く新しいシステム機構を有した劇場で上演されますね。

小栗 色々な可能性を秘めた、本当にすごい劇場だと思います。(ロングラン上演なので)ある種常設小屋のような環境になるので、かなりハイクオリティな舞台セットが作れると思う。

いのうえ 通常の舞台公演の場合、次のシーンへ移る為にどんどん転換しないといけないじゃないですか。この劇場はそれをやらなくて済むので、おそらく、映画のオープンセット並みのデカい画がドーンと作れるはず。そのスペクタクル性にすごく期待しています。客席が回ることも勿論だけど、広大な、ドーンとした画が作れることに、僕的には一番燃えるかな。

──小栗さんは2011年上演の『髑髏城の七人』に続き、二度目の新感線出演、そして、二度目の捨之介(すてのすけ)を演じることになります。それらについてご自身はどのようにお考えですか?

小栗 前回初めて新感線へ参加した時は、自分がイメージする理想像になかなか辿り着けなかった。でも今回は、その続きから入れる気がするので、自分の中でも深化させられる予感があります。それと、2011年当時と比べれば今の方が圧倒的に身体が動くので、今だからこそ出来ることが少しは増えたんじゃないかな。その意味で、自分自身にも期待をしたいです。

──お二人が〈Season花〉で楽しみにしていることを教えて下さい。

小栗 以前から『新感線に参加させてもらえるなら、古田新太さんがいる現場へ行きたい』と言わせて頂いていました。前回の『髑髏城〜』ではそれが叶わなかったので、今回古田さんと一緒に出来るということが何より嬉しい。

いのうえ 初演から捨之介を演じてきた古田と、二度目の捨之介を演じる旬と、新旧捨之介ですからね。それも象徴的なシーンになるんじゃないかな。

小栗 ある意味で安心材料にもなっています。だから、とっても楽しみですね。

いのうえ 今回は2011年に上演した『髑髏城〜』をいかに深化させられるか? ということにこだわりたい。ドラマとしてそれが一番の見せ所なので。とにかく「チャンバラにはドラマがあるんだ」ということをしっかり見せたいんですよ。それとがっつり取り組めるということは本当に楽しみだし、武者震いのような『よし、やるぞ!』と高ぶる気持ちがあります。

 

■『髑髏城の七人season花』SPOT動画

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season花 Produced by TBS

2017年3月30日(木)〜6月12日(月)/IHIステージアラウンド東京
出演:
小栗 旬/山本耕史/成河/
りょう 青木崇高 清野菜名/
河野まさと 逆木圭一郎 村木よし子 礒野慎吾 吉田メタル 保坂エマ
近藤芳正/古田新太 ほか
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

ステージアラウンド 専用ダイヤル
TEL:0570-084-617 (10時-20時)

チケット発売情報ほか、詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

劇団☆新感線『髑髏城の七人』

関連リンク