人間椅子のメンバーが初めて立ったステージは?

2017.10.3018:00

人間椅子のメンバーが初めて立ったステージは?

イケコ
編集部:人間椅子のみなさんの初めて立ったステージを教えてください!

ningenisu_suzuki
僕の初めてのステージは高校の学祭じゃないかなぁ?下手くそなバンドで出て、和嶋くんから「やめろ~!」って野次を飛ばされた思い出がありますね。
ningenisu_wajima
正確には僕じゃなくて、僕のバンドのメンバーですね(笑)。緊張してたのか分からないですけど、ちょっとヒドい演奏だったんですよ。
ningenisu_suzuki
僕は文化祭の実行委員もやっていて。そっちが忙しくて、なかなかバンドのリハーサルに入れていなくて。演奏しながら、自分でも「これはヒドい」と思ってたんですけど。
ningenisu_wajima
そこで言わなくてもいいのに、「やめろやめろ!」って始まっちゃってね。俺は野次は飛ばしてないですけど、止めてもいなかったので参加してたのと一緒です(笑)。あの時に演奏してたのが、UFOの「Rock Bottom」だよね?今と変わらないことをしてるんですよ。
ningenisu_suzuki
UFOとKISSをやったのかな?で、その次の年には和嶋くんとバンドを組んで出演してるんですが。和嶋くんは「弘前に和嶋あり」と言われるくらいで、他の高校から人が見に来るくらいのギタリストでね。初ステージはいつになるの?
ningenisu_wajima
中学生の時、校内放送で自分の演奏をかけたり、中2病みたいなことしてるんですけど(笑)。ステージに立ったのは高校生になってからです。それまでもバンドを組みたくて組みたくてたまらなかったんだけど、なかなかメンバーが集まらなくて。オフコースのコピーバンドに誘われて、しかもベースを弾かされたのが一番最初でした。でも、そんなに弾いてて楽しくないし……(笑)、「俺のやりたかったことはこれじゃない」と思ったのは覚えてます。

──ギタリストとしての最初は覚えてますか?

ningenisu_suzuki
ローリング・ストーンズのコピーバンドじゃない?“うすうす”ってバンドで、ロン・ウッドのパートを演ってたよね?(笑)
ningenisu_wajima
それだ!ローリング・ストーンズをやると、キースの取り合いになるんですよ。で、不本意だったけどロン・ウッドを演って。弘前市内のライブハウスだったんですけど、盛り上がりすぎて床が抜けちゃったんです(笑)。で、俺が代表じゃないのに、なぜか弁償金を持って謝りにいかされて……。
ningenisu_suzuki
リーダーはシゲルでしょう?学祭で野次飛ばしたのもシゲルだよ(笑)。

──わははは! でも良いですね、どっちかが覚えてるから記憶がどんどん蘇りますね。

ningenisu_wajima
そうですね。でも、俺はずっとハードロックやりたかったから、高3の時に鈴木くんとバンドをやって、初めてやりたいことがやれたんです。

──では、鈴木さんと一緒にバンドをやったのが、本当の意味で和嶋さんにとっての初めてのステージだと。良い話にまとまりましたね!

ningenisu_suzuki
……いや、でも最初に一緒に演ったのは佐野元春のコピーだよ?(笑) 最初、7人いたんですよ。でも1人抜け、2人抜け、残った3人で和嶋くんの作ったハードロックの曲をやって。それが1stアルバム『人間失格』に入ってる「鉄格子黙示録」だったんです。
ningenisu_wajima
そう。高校生のころからオリジナル曲は作ってたんですけど、出来るメンバーがいなかったんですよ。佐野元春のコピーバンドから、変わり者だけが残った(笑)。

──良い話なのに、ちゃんとオチがあるんですね。ノブさんは初ステージ覚えてますか?

ningenisu_nobu
子供の頃、親がピアノを習わせてくれていて。正確な初ステージは、幼稚園の時のヤマハオルガン教室の発表会でした。7人くらいがパートごとに分かれて弾いて、俺だけすっごいズレてたって言われたのを覚えてます。リズム感無かったんでしょうね(笑)。ドラムの初ステージは高1の学園祭なんですけど、仲の良い友達同士でバンドを組んで。楽器を決めるところから始めて、鍵盤をやれって言われたのがイヤで、ギターをやって、ベースをやったけどそれもダメで。スタジオに入った時、ドラムを遊びで叩いてたら楽しくて。ドラムのヤツがちょうど「辞める」って言い出したから、「ベースを探してくるから、ドラムをやらせてくれ!」ってお願いして、ドラムをやることになって。
ningenisu_wajima
最後の最後にたどり着いたのがドラムってのが面白いよね。神様が「ドラムやりなさい」って言ってたんだろうね(笑)。
ningenisu_nobu
あと俺、今でもドラムを叩く時、裸足じゃないと叩けないんですけど。それはその時のスタジオが“土足厳禁”で、はだしでしか叩けなかったからなんです(笑)。で、「ラウドネスのコピーをやろう」ってことになったんですけど、難しすぎて叩けなくて。♪ドンタンドンタンしか叩けなかったけど、それを早くするか遅くするかでどんな曲にも対応出来ることが分かったので、その1パターンだけで1ステージ乗り越えました(笑)。あと覚えてるのが、学園祭のステージの前に当時、好きだった子に楽屋まで来てもらって。本当は緊張もしてないのに、「緊張をほぐしてくれないか?」と言って。「どうしたら緊張がほぐれるの?」って言われたから、「抱きしめて欲しい」と言って抱きしめてもらって。「まだ緊張がほぐれない」って言って、チューでもしてもらおうと思ったんですけど、それが言えなくて。「じゃあ、何したらいい?」って言われて、思わず「往復ビンタをしてくれ」って言っちゃったんです(笑)。そしたら彼女、バレー部だったのですごいスナップで張ってくれて。往復ビンタの痛みが初ステージの思い出です。

 

イケコ


編集部:みなさん、ありがとうございました!
 

 

■「虚無の声」MUSIC VIDEO

PRESENT 『直筆サイン入りポスターを1名様に!』 >>プレゼント応募方法掲載のインタビューはこちら

『異次元からの咆哮~リリース記念ワンマンツアー~』

2017年11月19日(日) Zepp DiverCity(TOKYO)
17:00 開場 / 18:00 開演
NOW ON SALE
お申し込みはこちら

関連リンク

RELEASE

NEW ALBUM「異次元からの咆哮」
(株)徳間ジャパンコミュニケーションズ
NOW ON SALE

※『異次元からの咆哮 ~リリース記念ワンマンツアー~』、各ライブ会場CD即売購入者特典決定!
詳細はオフィシャルサイトへ。

※初回盤[CD+DVD]・通常盤[CD]