HOUND DOG “ベスト・オブ・ベスト”で挑む40周年ツアー開催!「ロックンロールは永遠の未完でいい」キャリアを重ねる中で得た確信を大友康平が熱く語る!

インタビュー | 2020.02.14 18:00

唯一ロックンロールだけは答えがなくていいのかなという気がするんです。ただ一つ、大事なのは成熟しないこと

──そういうふうに1年、1年を積み重ねていって、2年目より3年目、3年目よりも5年目、というふうに良くなっていく感触はありましたか。
この40年を振り返ると、25周年を迎えた後、HOUND DOGスタイルのロックンロール・ショーはお休みして、カバーのアルバムを作って、そのコンサートをやってみたり、あるいはHOUND DOGの曲をジャズ風にアレンジしてジャジーなコンサートをやってみたり、つまりはボーカリストとしてのチャレンジに挑んでいた時期があったわけですけど、それを経てあらためてHOUND DOGのスタイルでライブをやってみると、“やっぱりいいな”と思うんですよね。俺はロックンロール・ショーが好きでしょうがないんだなと確信できたんです。常々言ってることですけど、ロックンロールというのは成熟する音楽ではないので、10代の頃の反発だったり悔しさだったり、そういう青春の蹉跌のようなものをぶつけるところにロックンロールのパワーがあると思うんです。40代、50代になっても10代と同じようなことを言ってたら説得力はないかもしれないけど、それにしてもどれだけ未成熟なままで突っ走っていけるかというのが新しいテーマになりますよね。
──キャリアを重ねていくなかで、目指すところが変わってきたわけですね。
幸いなことに人間というのは必ず老いるわけですから。声帯にしても筋力にしても。150本以上やっていた時よりももっと切磋琢磨して、ステージに臨むことに対する気持ちを日常から持ち続けていないと、たった年に4本のステージであっても、その4本がちゃんとはやれないんですよ。そういう意味では、この4年間、東京と大阪だけですが、ストロング・スタイルのロックンロール・ショーをやれている自分を、褒めはしないですけど(笑)、「なかなかよくやってるんじゃないの」と言ってるもう一人の自分がいるのは事実です。
──「幸いなことに人間というのは必ず老いるわけです」と、実にさらりと言われましたが、多くの人にとって老いることは残念なことだと思います。でも、まだまだ上に上がっていこうとする気持ちを持っている人間には、それはむしろ続けるエネルギーになる「幸いなこと」なんでしょうか。
だって、そればっかりはどうしようもないことですから(笑)。そして、確実に進んでいくことだし。だからこそ、それに逆らって進んでいくのがロックンロールですよね。ただ、歳のことで言うと、昔は“若い世代から質問を受けてなんでも答えられる。あるいは意見を求められて立派なコメントができる。そういう大人に自分はなれる”と思っていたんです。でも今は、10代の後半くらいまでにはその人のものの考え方というのは決まっちゃうような気がするんですよ(笑)。この歳になっても、10代後半とあまり変わってないなって。今はもう、永遠の未完でいいのかなという気がしています。音楽でも映画でも文学でも、どんな表現でも答えというものがある程度は必要じゃないですか。一つの物語の中で。でも、唯一ロックンロールだけは答えがなくていいのかなという気がするんです。どういうパターンもありだと思うんです。ただ一つ、大事なのは成熟しないこと。

今この瞬間に全てをつぎ込んで熱く生きないと後悔する

──そういう意味では、今回の公演タイトルは“First Finale”ですが、フィナーレというのは一つの“答え”になるんだと思うんです。でも今回は、1回目のフィナーレですから、これはファイナル・アンサーではないということですよね。
(笑)、さあ、どうでしょう?このところ「OUTSTANDING ROCK’N’ROLL SHOW」「It's Showtime」「Let the good times roll」と、ずっとわかりやすくロックロール・ショーをイメージできるタイトルでやってきましたけれども、今回は40周年だからちょっと趣向を変えて“ファースト・フィナーレ”と。みんながいろんなことを考えて足を運んでくれるのも、たまにはいいんじゃないかなと思って。ただ、コンサート会場に足を運んでくれた人に、答えというか、納得できるものはお見せします、という意味ですよ。というか、この世で確かなことの一つとして、絶対に人間は老いていくわけじゃないですか。そして、絶対、死ぬんですよ。しかも、いつそうなるかわからないんですよね。たいていの人は自分だけは大丈夫だと思いがちだけど、そんなことはなくて、だから「これは来年に取っておこう」とか「これは5年後にやろう」とか考えないで、今この瞬間に全てをつぎ込んで熱く生きないと後悔すると思うんです。40周年は40周年なんだけれど、その前は39周年だし、さらにその前は38周年であって、要は1年1年、今が勝負と思ってやってきたわけで、今年もそういう気持ちだということですよ。
──ファースト・フィナーレの意味は会場で確認するとして、例えば30周年のライブでは「30周年30曲」というお題のようなものもあったわけですが、今回のセット・リストについてこの時点で話していただけることはありますか。
40周年だから40曲となると2日にまたがっちゃうことになるでしょうから(笑)。10曲くらいミディアム・テンポの曲にすればできるかもしれないけど、それはつまらないし、メドレーでやるのもインチキだなと思って(笑)。
──(笑)。そういう小細工は使わないという意味でもストロング・スタイルのセット・リストということですね。
そうですね。この4年間その年その年の「ベスト・オブ・ベスト」でやってきたわけだから、今回は今回のベスト・オブ・ベストなんだろう、と。ただ、いつも思うんですけど、準備段階が一番面白いんですよ。悩むし、面白がるし。始まったら、あっという間ですから。お祭りって、そういうことですよね。花火は、ひと玉を作るのにものすごい苦労があって、でもそれがドーンと打ち上がったら数秒で終わるでしょ。ロックンロールって、そういうところがあると思いますね。
──祭りの後の寂しさは、花火がきれいであればあるほど、より寂しく感じるということがあるから、それと同じ意味で、全部のステージが終わった時にいっそう寂しく感じるくらい、鮮やかな花火のようなステージにしたいということになりますか。
(笑)、ファースト・フィナーレですからね。

HOUND DOG LIVE 202040 日程決定

PRESENT

40周年記念グッズより、リストバンドを2名様に!

ツイッター応募方法

①DI:GA ONLINEの公式Twitterアカウントをフォロー
②表示されているツイートをリツイート
③ツイートのリプライから「"First Finale"で聴きたい曲と理由」を送って下さい!
応募〆切は2020年3月31日(火) 23:59まで。

※DMでのご応募は受け付けておりません。

メール応募方法

以下を明記の上、メールにてご応募ください。応募〆切は2020年3月31日(火) 23:59まで。

※Twitter DMでのご応募は受け付けておりません。
※「メールで応募」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【HOUND DOG】リストバンド、郵便番号、住所、氏名、年齢、「First Finale」で聴きたい曲と理由

メールで応募

詳細を見る

SHARE

HOUND DOGの関連記事

アーティストページへ